ペットが亡くなってから火葬までの流れ

いつかは訪れるペットとの別れ

ほとんどのペットは人よりも寿命が短く、どんなに愛していたとしてもいつかはお別れしなければなりません。
たとえ病気だったとしても別れは突然に訪れるものです。
突然のお別れでも慌てないように、事前にどのような準備をすればいいのかチェックしておきましょう。

どんなに手元に置いておきたいと思ったとしても置き続けられるものではありません。
心配せずに天国に旅立つことができるように、きちんと送ってあげることが大切です。

亡くなってから葬式まで

ペットが亡くなったなら、葬式を行うまでまだ間がありますからゆっくりと寝かせてあげましょう。
亡くなってから2時間ほどで死後硬直が始まりますから、それまでにまぶたを閉じ手足を曲げてあげましょう。
リラックスして寝ているような姿勢にしてあげればベターです。
姿勢を整えることができたなら、次は体を清めてあげましょう。

清めてあげるといっても難しいことではありません。
やさしく毛並みを整え、固く絞ったタオルで水分を残さないように拭いてあげれば良いだけです。
体を清める時、肛門などもキレイにしておきましょう。

死後硬直が終わると口や肛門から体液が出ることがありますから、体液が出たならその都度キレイにしてあげましょう。

葬式をキレイな体で迎えられるように遺体を冷やすことを忘れないでください。
室温を下げ保冷剤やドライアイスで冷やすとかなりの間腐敗の進行を止めることができます。
水分がつくと腐敗を進めるもとになりますから、保冷剤やドライアイスを使用する時はくれぐれも直接触れないようにしましょう。
タオルなどで巻いておけば大丈夫です。
ピッタリの棺や箱に入れて安置できたなら、フードやお水、お気に入りのおもちゃなどを側に置いてあげてはいかがでしょうか。

お気に入りのものに囲まれたなら、きっとペットも喜んでくれるに違いありません。

祭壇を作りお花や写真を飾るのもおすすめです。
葬式は業者に依頼するも良し、自分自身で供養するも良し、どちらにするかは飼い主さまの考え方次第です。
葬式が終わったなら、自己所有の自宅に庭があるなら庭に埋葬するか、庭がない場合は火葬にするかどちらかになるでしょう。
他人の土地や公共の土地に埋葬するのは法律違反ですので注意してください。
どのようにきちんと安置したとしても腐敗は進みますから、できるだけ速やかにどちらにするか決めることをおすすめします。

最近はペット専用の葬儀社の数も多くなりましたから、近くの葬儀社に相談するのが一番安心かもしれません。
葬儀社に依頼するとしたら、口コミなどを調べ信頼できるところに依頼しましょう。

東京都内で火葬から納骨まで対応しているペットの葬儀社 大森ペット霊堂の詳細

どこで火葬にすれば良いのか

火葬にする場合は、どこの葬儀社・霊園を選ぶかによってサービス内容が違ってきます。

個別に火葬を行ってくれるところもあれば、共同で行っているところもあります。
ただ、共同で火葬を行う場合、骨が混ざってしまうため遺骨を手にすることはできません。
家族として供養してあげたい場合は、個別に火葬を行うことをおすすめします。

個別に火葬を行ったとしても遺骨を持ち帰ることができるとは限りません。
火葬を依頼する場合は、遺骨を持ち帰ることができるかどうか事前に確認しておくことをおすすめします。
自宅で保管・管理するのであれば遺骨を持ち帰れば良いのですが、霊園で保管・管理してもらいたい場合は霊園を選ばなければなりません。
火葬を行った霊園に保管・管理を依頼できることもあれば、霊園で行えるのは火葬だけという場合もあります。
また、保管・管理を依頼できたとしても、いつでも墓参りができるところもあればほとんどできないこともあります。
きちんと安置しておけば腐敗までの日数を遅らせることができますから、納得のいく選択ができるようにしっかり考えましょう。
後から悔やまないようにベストな方法を選びましょう。