ペットの葬式のスタイルはどこも同じではありません

立ち会わずにできる葬式

ペットの葬儀業者が増え、葬儀業者が提供するサービスも多種多様になりました。
葬儀業者を利用すると、ほとんどが葬式→火葬という流れになります。
同じ火葬であってもその方法にはいくつかあります。

葬式は行いたいけれど費用・手間を考えて簡単に行いたいというのであれば合同葬がおすすめです。
合同葬では、他のペットと一緒に読経・供養を行った後、火葬も一緒に行います。
一緒に火葬を行うため、骨は分けられることなく共同墓地に埋葬されるか霊園などに納められます。

合同葬は共同で執り行うことができるため、費用はそれほど高くありません。
誰でも手軽に利用することができますが、日程は葬儀社の都合で決められることが多いためすぐに葬式ができるかどうかは葬儀社次第です。
日程の調整に手間取れば自宅で安置する期間が長くなることもあります。

長く待たされるのは困る、また骨が他の子と混ざってしまうのはイヤだという方もいらっしゃるでしょう。
待たされるのも合同葬もイヤだけど費用と手間をかけたくない方は、一任個別葬という選択肢もあります。
一任個別葬は、合同葬と個別葬の中間的なサービスです。

読経・供養・火葬をそれぞれ個別に執り行ってもらえますが、火葬まですべて葬儀社に一任できるため立ち会う必要はありません。

骨を返してもらえるかどうかは葬儀社によりますが、骨を返してもらうとしたら改めて霊園に納骨できなくなることが多いため注意が必要です。

立ち会うことができる葬式

大切なペットの最後を他人に任せたくない方には個別葬をおすすめします。
葬儀社に一任するのではなく、すべてに立ち会うことになるため手間と費用はかかりますが心ゆくまで送ることができます。
葬儀社にもよりますが、葬儀社の都合ではなく喪主の都合が優先されるためそれほど待たされることはありません。
葬儀社と喪主とでよき日を選びましょう。

個別葬には、葬儀社の斎場で行う個別葬と自宅で行う自宅葬の2つがあります。
自宅葬を選ぶと、葬儀社のスタッフが自宅まで来てくれすべて用意してくれますから手間はかかりません。
自分でしなければならないことも葬儀社のスタッフが行ってくれますが人件費がかかります。

棺への安置や祭壇の設営、ご僧侶の手配など、ほとんど人と変わらない葬式を執り行うこともできます。
飼い主さまのお知り合いも立ち会い、通夜や告別式などを行う方も少なくありません。
これだけ本格的に行うとなると費用も相当かかりますが、親しい方とともにしっかりとお別れすることができます。

火葬する場所は、葬儀社の持つ火葬場か葬儀社が提携している霊園の火葬場、または移動式の火葬車を持っている葬儀社なら自宅付近のどちらかです。
移動式火葬車を利用する場合、自宅で火葬することができれば自宅内で、それが難しい時は少し離れた場所で火葬を行うことになります。

事前にしっかり比較を

民間のペットの葬儀社は、小さなところから大きなところまでさまざまです。

また、まったくの異業種からの参入も少なくありません。

料金・サービス内容ともにさまざまですから、事前にしっかりと比較してから決めましょう。
急いでいる時でも、口コミぐらいはチェックされることをおすすめします。
過去にぼったくりやサービスの不備などが問題になっていないかチェックするだけでもかなり違います。
一度契約が完了してしまうと、後から問題のある葬儀社だとわかったとしても解約すると違約金などが発生してしまうこともありますから注意しましょう。
葬式は飼い主さまがペットにできる最後のことですから、滞りなく無事に執り行いたいと思うのが飼い主さまの気持ち偽らざる気持ちなのではないでしょうか。
何も問題なく執り行うために、少しだけ冷静になって情報をチェックすることをおすすめします。