ペットのお葬式をするとしたら土葬、それとも火葬?

亡くなったペットをどうやって送ればいいのか?

亡くなってしまったペットは、市役所に問い合わせればどのようにすれば良いのか教えてくれます。
火葬も依頼することができますが、地域によって有料のこともあれば無料のこともあります。
市役所に問い合わせる時、有料なのか無料なのか確認しておきましょう。

また、市役所に引取ってもらえることもあれば、自分で焼却所に持ち込まなければならないこともあります。
市役所に依頼すれば登録した犬の死亡届も同時にできますが、火葬を行ったとしても骨が返ってこないことがほとんどです。
骨は必要かどうか聞いてくれるところもありますが、ほとんどが返ってきないと覚悟しておいたほうが良いでしょう。

人知れず焼却所で火葬されるだけではかわいそうだという方が増え、今ではペットの葬式を行ってくれる民間の葬儀社も増えました。
それぞれの葬儀社によってサービスやできることは違いますから、サービス内容をよく比較検討してから選びましょう。
もちろん、業者に依頼しなくても自分たちで送ることは可能です。

昔は一般的だった土葬

今ほどペットの葬式を行うのが一般的ではなかった昔は、葬式といっても簡単な弔いだけで自宅の敷地内に土葬するのが一般的でした。
映画やドラマなどで庭に埋めて〇〇ちゃんの墓などと書かれた木札を立てているシーンをご覧になったことがある方も多いでしょう。
自宅に埋葬できる庭があるのであれば土葬にするのも1つの方法です。

私有地であれば埋葬を行うのは自由ですが、トラブルにならないように気を付ける必要があります。
あまりに浅く埋葬してしまうとカラスやアライグマなどに掘り返されてしまったり、悪臭が漏れ出てしまいトラブルに発展してしまうこともあります。

たとえ私有地であったとしても、埋葬するのであれば1メートル以上深く掘ってから埋葬しましょう。
そうすれば、少なくとも荒らされたりトラブルの原因になることはありません。
自宅の敷地内であったとしても、借家など自分の土地でない場合は埋葬はやめておきましょう。
他人の土地や公共の土地に埋葬すると法律違反になってしまいます。

マンションの庭は共有エリアにあたりますから、たとえ自室の目の前であったとしても埋葬すれば犯罪になってしまいます。
弔いたい気持ちからやったことであっても罰せられてしまう可能性がある行為であることを弁えておきましょう。

費用を負担すれば火葬は簡単

市役所に火葬を依頼することに抵抗がある方は、民間の葬儀社に火葬を依頼しましょう。
少し前までは民間の葬儀社による火葬は、火葬場のあるところまでペットを持ち込む必要があるところがほとんどでした。
それが、今では人の葬式同様に自宅まで来てくれ祭壇の用意までしてくれる葬儀社まであります。
祭壇やお花などを用意するとそれだけ費用はかかりますが、立派な葬式をすることができます。

そこまで立派でなくても構わないのであれば、火葬だけを依頼することも可能です。
火葬の方法もさまざまで、合同葬もあれば個別葬もあります。
さらに骨を海などに散骨してくれる業者までありますから、どのような送りたいのかがハッキリしていれば実現することは難しいことではありません。

飼い主さまのなかには、骨に熱と圧力を加えて人工ダイヤモンドにする方もいます。
ジュエリーとして身に付けることで、いつまでも一緒に暮らすことができると考えられるからでしょう。
たとえ姿が見えなかったとしてもいつでもどこでも一緒なら寂しくありませんね。

土葬にするにしても火葬にするにしても、自分がどうしたいのか飼い主さまがよく考えてから決めましょう。
ただ、死後硬直が始まると腐敗が急速に進みますから、それほど考える時間はないかもしれません。
老齢のペットを飼われているお宅は、元気なうちにどのように送りたいのか事前に考えておくことをおすすめします。